Home > 町歩きスケッチ&フォト

町歩きスケッチ&フォト Archive

120224_水温む 坂本のせせらぎ

今日はちょっとほっこり暖かい。

’もも’(愛犬)も、小川に足を浸けてちょっとパシャパシャした。

坂本は比叡山から流れる水がきれい。

里坊 乗実院から無量院にかけての奥まった小道がいい。

苔むした穴太衆積み石垣に木洩れ日が射し、

とっても自然な感じの小さなせせらぎが流れる。

大好きな道。

水温む。

120224_坂本-3

写真を撮ったりスケッチをしている間、’もも’は「マテ」。

しばらくおとなしくしているが、クンク〜ン言い出して、我慢できなくなってテトテト・・・

120224_’もも’-01 120224_’もも’-09 120224_’もも’-11

111210_坂本お散歩スケッチ

友人のTさんと、坂本お散歩スケッチ。

12月入って、ぐっと冷え込んできました。
今日は、比良山も白く冠雪していて、結構寒い。
数日前までは、庭のヤマモミジの紅葉がきれいでしたが、この数日でかなり散ってしまった。
モミジの葉っぱが門前に散っているのも風流ですが、ほっておくとお隣などに飛び散ってご迷惑なので、朝から掃き掃除をしました。

重ね着をしてスケッチへ。

旧竹林院前の駐車場角にお地蔵さまの祠がある。
桜の古木を背負っている。
苔むした太い幹と株立ち風の伸びやかな枝が生命感にあふれている。
逆光の光もきれい。

111210旧竹林院前のお地蔵さま/坂本_モノクロ

右手は走井元三大師堂、ゆるやかな坂を登ると日吉大社の鳥居のところに出る。
左手は旧竹林院の庭園沿いの石垣。 苔が美しく、しっとりと雰囲気のある道。
遠景には大杉。

111210走井元三大師堂/坂本_モノクロ

山科の琵琶湖疎水を歩く(2)

2010年12月5日(日)に一緒に歩いた友人T氏のブログ(mixi)に
「カメラを向けるモチーフが興味深く、 一緒に歩くのは面白い。」と書いてくれていたので、 写真もアップしておこう。

友人には、私が何をどう撮っていたように見えただろうか。
・・・・実は私も、町歩きをしながら一緒に写真を撮っている連れの被写体がとても気になったりする。
同じ方向にカメラを向けていても、あとで見せてもらうと被写体やフレーミングの違いで、
全く違うモノ、人、世界が写っていることが多い。
クオリティの高い写真で他人の視線・視野を疑似体験できるのは、ものすごく新鮮だ。
【客観性に裏打ちされた主観的な世界】・・・・だから写真は面白い。

その場所をよく知っている人が見ても、
写真を通して同じ場所が全く知らない土地の情景であるかのように輝いて魅力的に見える。
根っからの滋賀県の人は「ここには何もない」とよくおっしゃられるが、写真は滋賀県の豊かさ、多様さを語ってくれる。
それは、すごい力だ。
絵描きが写真を力説していますが(失笑)。もちろん、絵にも同じ力がある。

写真の構図を考えるとき、まず心にビッときた被写体をどう魅力的に生かすかを考える。
構図を決めるときは、足すことよりも引くことを考える方が多い。
ほとんどの場合そうだ。
何をどこまで切り取るか。

フレーミングは、私の場合ファインダーをのぞくのが一番 性に合っている。
まさに切り取るという感じがして、画面に集中できる。
コンパクトデジカメも使っているが、液晶で見る画面は反射や周りの雑像が邪魔で集中できない。
だから、ファインダーがないミラーレス一眼もたぶんあわない気がする。

肉眼が一番リアリティーが高いわけだが、
場合によっては、ファインダーという小窓からのぞいた【自分が切り取った世界】が、
よりリアルで鮮明に思えることも多々ある。
コンデジの液晶は、テレビと同じ程度のバーチャルな感じがして、
実景の「心にビッと、わくわく感」がほとんどない。
記録(画像メモ)をとっている感じ。

重たいけれど、やっぱり一眼レフが私の【世界を魅力的に見つめる】ための道具だ。

山科の琵琶湖疎水を歩く

2010年12月5日(日)
友人T氏と、山科の琵琶湖疎水沿いを歩いた。
何年ぶりというか、何十年ぶりかな。

さほど寒くなく、光が白くてきれい。久しぶりの町歩きにには、とてもいい日和り。
疎水の水は量感をもってゆるやかに流れている。
やや単調な風景。

安祥寺橋の北側でスケッチ。
ペンと水筆(墨)で単色描き。
逆光の桜の木の影が、私の左手の地面に伸びる。
疎水べりや道沿いの柵が2重、3重に重なりリズミカルなすきまを見せる。
向こう側の林は逆光に沈み、手前の欄干部分がコントラストを見せる。
橋を越えた先は下りの坂道。

101205琵琶湖疎水安祥寺橋/山科

100714 大宮川増水

連日の雨で、各地の水害や土砂災害のニュースの数が激増しています。
死者も出ていて、残念です。 一番残念なのは亡くなった方ご本人なのだと思います。

午前11時頃、大学への出勤途中に大宮川の横の道にさしかかって驚きました。
こんな濁流渦巻く大宮川を見るのは初めてです。
思わず雨の中で、コンデジのシャッターを切りました。

100714大宮川増水---01

普段の大宮川はこんなにおだやか。

090529 坂本---04

田んぼまであと60cm くらいしかありません。道路までは1m強くらいでしょうか。
道を歩いているおばあちゃんも、しばし呆然と濁流を見つめていました。
怖いくらい、吸い込まれそうな感じでした。

100714大宮川増水---05 100714大宮川増水---07 100714大宮川増水---13
土嚢が申し訳程度においてある。 いざとなったら町民総出でつくるのだろうか・・・。

100714大宮川増水---12

実際に災害に遭われた方の、恐怖と無念と不安はいかばかりか と思う。
.
.

100314 京都府美山町 かやぶきの里へ

三条京阪でTAKEさんを車でひろって、約2時間。京都府南丹市美山町へ。

京都府のほぼ中央に位置する、山間の町、というより集落といった方がイメージに合う。

豊かな自然に囲まれ、昔ながらの茅葺き民家が数多く残っていて、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

スケッチをするには時間が限られていたので、北集落「かやぶきの里」へ直行。

よくぞこれだけの茅葺き民家が残っていたものだ。「ここだけ時間が止まったみたいだね」と観光客の会話が聞こえたが、ありがちだけどまさにその言葉通りの風景。

100314京都府美山町パノラマ1

生活の場にこれだけたくさん外部の人間が無遠慮に入り込むのはどうかと思うが、私も無遠慮に入り込む。カメラを持った老若男女、外国人、さまざまな人が小さな村の中を歩いている。
せめて、地元の人にあいさつを心がけよう。

ペンと水筆(墨汁)によるスケッチを2枚。

100314茅葺き民家の道/京都府美山町

100314春浅きかやぶきの里/京都府美山町

3時半頃にスケッチを終え、茅葺き民家の喫茶店-彩花-で三色団子をいただく。

建物の北側にはまだ少し雪が残っている。

茅葺き屋根に苔むした緑が、光の加減でまるで発光しているかのように輝く。鮮烈で不思議な鮮やかさ。

時間がなくて、駆け抜けるように集落の中を歩いただけ。メモ程度に写真を撮った。

〈写真をクリックすると大きく表示されます。矢印キーでご覧いただけます。〉
100314京都府美山町---001 100314京都府美山町---010 100314京都府美山町---011 100314京都府美山町---016 100314京都府美山町---017 100314京都府美山町---034 100314京都府美山町---037 100314京都府美山町---051 100314京都府美山町---067 100314京都府美山町---073 100314京都府美山町---077 100314京都府美山町---082 100314京都府美山町---085 100314京都府美山町---086 100314京都府美山町---111

集落内をきれいな水が流れ、ところどころに屋根の葺き替え用の茅を束ねて円すい型にして干してある。
由良川の対岸に茅場がある。
勉強不足なことに「茅ってなんだろう?」と思っていたが、「ススキ、チガヤなど」とのこと。確かにススキの類だ。

日が傾き、集落を囲む山々にかかる頃になると急に冷え込んできた。次はゆっくり美山町全体をまわってみたい。


大きな地図で見る
.
.

ホーム > 町歩きスケッチ&フォト

このブログについて

永江弘之のブログです。

晴れの日、琵琶湖の空はどこまでも広く光きらめく。雨、比叡山の山ひだから雲が湧き龍のようにたなびく。初秋の棚田に風が吹き渡り稲穂がさわめく。年になんどか積もる雪で景色が一変する。そしてまた、命の息吹に満ちた季節が巡る。

ここ、蒼穹庵(sokyu-an/永江弘之アトリエ兼自宅です)から見た日常と非日常、幻視、幻想、妄想etc、折々の記憶をスケッチや写真をそえて掲載します。

Calendar
« 2018 年 9月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSS Feed

Return to page topPAGE TOP に戻る