Home > 町歩きスケッチ&フォト > 100714 大宮川増水

100714 大宮川増水

連日の雨で、各地の水害や土砂災害のニュースの数が激増しています。
死者も出ていて、残念です。 一番残念なのは亡くなった方ご本人なのだと思います。

午前11時頃、大学への出勤途中に大宮川の横の道にさしかかって驚きました。
こんな濁流渦巻く大宮川を見るのは初めてです。
思わず雨の中で、コンデジのシャッターを切りました。

100714大宮川増水---01

普段の大宮川はこんなにおだやか。

090529 坂本---04

田んぼまであと60cm くらいしかありません。道路までは1m強くらいでしょうか。
道を歩いているおばあちゃんも、しばし呆然と濁流を見つめていました。
怖いくらい、吸い込まれそうな感じでした。

100714大宮川増水---05 100714大宮川増水---07 100714大宮川増水---13
土嚢が申し訳程度においてある。 いざとなったら町民総出でつくるのだろうか・・・。

100714大宮川増水---12

実際に災害に遭われた方の、恐怖と無念と不安はいかばかりか と思う。
.
.

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://hiro-nagae.net/2010/07/15/100714omiyagawa_zosui/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
100714 大宮川増水 from 永江弘之 風景ギャラリー ここから見えるよ

Home > 町歩きスケッチ&フォト > 100714 大宮川増水

このブログについて

永江弘之のブログです。

晴れの日、琵琶湖の空はどこまでも広く光きらめく。雨、比叡山の山ひだから雲が湧き龍のようにたなびく。初秋の棚田に風が吹き渡り稲穂がさわめく。年になんどか積もる雪で景色が一変する。そしてまた、命の息吹に満ちた季節が巡る。

ここ、蒼穹庵(sokyu-an/永江弘之アトリエ兼自宅です)から見た日常と非日常、幻視、幻想、妄想etc、折々の記憶をスケッチや写真をそえて掲載します。

Calendar
« 2010 年 7月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSS Feed

Return to page topPAGE TOP に戻る