Home > 自然観察 > 100524 大きなコメツキムシ

100524 大きなコメツキムシ

昨日見たときは死んでると思っていた。
ひっくり返って、突っついても全然動かなかった。
でも、今日帰宅したら床をごそごそしていた。コメツキムシにしては巨大。30ミリはある。
ひっくり返すとペキンッとバネのように跳ねるので確かにコメツキムシ。

今日はやたら動くので、まともな写真が撮れないまま、外に放した。
でも、’もも’(うちのワンコ)にちょっかい出されたのか、足を悪くしているみたいで、すぐにひっくり返ってしまう状態なので、死んでしまう気がする。

シモフリコメツキの仲間(コメツキムシ科)なのだろうと思うけれど、正確な同定ではない。

100524シモフリコメツキ?---1 100524シモフリコメツキ?---2 100524シモフリコメツキ?---3

Comments (Close):1

まんごすちん 10-06-09 (水) 1:33

灼熱のKuala Lumpurから こんばんは
比叡山大護摩供 食い入るように 何度も 拝見しました。
今年の夏も 比叡山に 行きます。

コメツキは 同居の少年の竹馬の友です
「たしかに コメツキやな」と 日本を 思い出していました。

Kuala Lumpurの チャイナタウンの屋台で
バツーケイブのヒンズー寺院で
お待ちしています

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://hiro-nagae.net/2010/05/25/100524kometsukimushi/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
100524 大きなコメツキムシ from 永江弘之 風景ギャラリー ここから見えるよ

Home > 自然観察 > 100524 大きなコメツキムシ

このブログについて

永江弘之のブログです。

晴れの日、琵琶湖の空はどこまでも広く光きらめく。雨、比叡山の山ひだから雲が湧き龍のようにたなびく。初秋の棚田に風が吹き渡り稲穂がさわめく。年になんどか積もる雪で景色が一変する。そしてまた、命の息吹に満ちた季節が巡る。

ここ、蒼穹庵(sokyu-an/永江弘之アトリエ兼自宅です)から見た日常と非日常、幻視、幻想、妄想etc、折々の記憶をスケッチや写真をそえて掲載します。

Calendar
« 2010 年 5月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSS Feed

Return to page topPAGE TOP に戻る