Home > Archives > 2009-08-18

2009-08-18

090818 ギャラリーにスケッチ、写真をアップ

工事中でリンクがつながっていなかった「Gallery」のスケッチ写真のページに画像をアップした。

まだまだ不具合が調整できていないサイトですが、一応全てのページがそろった。

今の時点で、スケッチのページと写真のページは、好対照。

スケッチの方に並べた作品は、ごく最近の というかこの3ヶ月以内の近作。

写真の方は、20年前くらいの作品もある。デジタルカメラに持ち変える前の、ポジフィルムで撮影していた頃の写真。

ほとんどポジフィルムを使っていたので、スライドが段ボール箱に何箱あるだろう。1度ちゃんと見直して、好きな写真はデジタル化したいのだが、なかなかそういう時間もない。

大学時代にアルバイトで貯めて買った最初のカメラは、Canon A-1。1980年6月。

マニュアルフォーカス(ピンとを自分であわせる)の一眼レフカメラ。キャッチフレーズは「カメラロボット」。カメラ制御系へのデジタルコンピュータ導入と5モードAEというのが、カメラ史上初の画期的なカメラだった。

A−1を買い換えることになったのは、このコンピュータの不調(露出制御の当たり外れが激しくなった)。修理したけれどしばらくすると同じ症状になったので。

買い換えたのは、Cannon NEW EOS Kiss。1997年。

現在のDigitalではなく、フィルムカメラ。それまで一眼レフで言われてきた 「大きい」 「重い」 「難しい」 といった問題点を一挙に解決した画期的なAF一眼レフカメラとして「EOS Kiss」 を1993年に発売。その後、機能の向上と使いやすさを追求して登場した2代目が「NEW EOS Kiss」。代を重ねてフィルムからデジタル一眼へとkissのDNAは15年以上引き継がれて、現在も普及型AF一眼レフカメラのベストセラー機だ。

このカメラは、2000年に車上荒らしで盗まれてしまった。

3台目の一眼レフカメラは、Canon EOS7。2001年購入。この間は、A-1をだましだまし使っていた。

EOS7もフィルムカメラ。「視線入力7点AF」というのが特徴かな。ファインダーに上下左右7点の側距ポイントがあって、見つめたところにピントが合うというもの。

そして、さんざん迷ったあげく、2003年にCannon EOS Kiss Digital を購入し、一眼レフもデジタルに徐々に移行していく。

現在使っているのは、2005年に購入した Canon EOS 20D。

振り返ってみると、私がデジタルに移行する時期は、滋賀に拠点を移すのと同時期だ。

実際にデジタルを使い始めたのは、中学校に勤務していたときに「体育会などのイベントの写真をすぐに学年だよりに掲載できる便利さ」のために購入した、Canon PowerShot G2。「バリアングル型TFT液晶モニター」(背面の液晶モニターがいろいろな方向に向けられる)がついたいいカメラだと思う。最近、バリアングルのカメラがめっきり少ないのはなぜかな(特にキヤノンはほとんどなくなった)。厚みや重さのせいか。すごく便利なんだけど。

この時点では、風景など自分の(プライベートな)写真は、EOS7で撮っていた。ポジフィルムで。 EOS Kiss Digitalを購入してからもしばらくは併用していた。ポジフィルムの光を通す質感は今でも魅力だ。でも、今は全部デジタルを使っている。

サイトアップの話からカメラ歴の話になってしまった。一眼レフ以外をあわせると倍ぐらいになるな。時間があったらあとで愛用機の写真をアップしよう。

Home > Archives > 2009-08-18

このブログについて

永江弘之のブログです。

晴れの日、琵琶湖の空はどこまでも広く光きらめく。雨、比叡山の山ひだから雲が湧き龍のようにたなびく。初秋の棚田に風が吹き渡り稲穂がさわめく。年になんどか積もる雪で景色が一変する。そしてまた、命の息吹に満ちた季節が巡る。

ここ、蒼穹庵(sokyu-an/永江弘之アトリエ兼自宅です)から見た日常と非日常、幻視、幻想、妄想etc、折々の記憶をスケッチや写真をそえて掲載します。

Calendar
« 2009 年 8月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSS Feed

Return to page topPAGE TOP に戻る