Home > 展覧会-Exhibition > 090715 想奏展、公開講評会

090715 想奏展、公開講評会

想奏展…
成安造形大学イラストレーションクラス4年生 Aゼミ7名による展覧会です。
Aゼミは、自分のテーマを深め、作品1枚1枚の制作に没頭する という感じのゼミです。

【展覧会案内】

「心地よさ、安心感」をテーマに、
いつまでもここにいたい・・・ と思える居心地のよさを演出し、
『伝えるイラストレーション』から
『感じるイラストレーション』へ意識を変えるような展覧会を目指しました。
想いを奏でる。音楽を楽しむように展示空間を楽しんでもらいたい。
いつまでもここにいたい・・・ と感じていただけたら幸いです。
ご高覧ください。

出品者: 池原悠太  河野正孝  高野将司  門 雅子
     山切 理  山口良美  山本菜月 (Aゼミ7名)

会期: 2009年 7月14日(火) ~ 19日(日)
    12:00 〜 19:00(最終日は午後6時まで)

会場: 同時代ギャラリー
    〒604-8082 京都市中京区三条通り御幸町 1928ビル1階
    TEL:075-256-6155

アクセス: 地下鉄東西線「市役所前」駅 ZEST8番出口から南へ徒歩4分
      阪急「四条河原町」駅10番出口から一筋西を北に徒歩8分
      京阪「三条」駅6番出口から西へ徒歩6分
      JR京都駅からタクシーで1000円前後

********************************
今日は、午後3時から公開講評会だった。
井上直久先生をゲスト講師にお招きし、指導担当の宝永たかこ先生と私の3名で講評をした。
講評の合間と最後に、プレゼント抽選会。 スナック菓子とジュースで歓談。
来場・参加は学生が多かったが、盛り上がった。
井上直久先生の「多角的なものの見方」を通して「学生に考えさせるところと伸ばすところを的確に伝える」力強いアドバイスは、いつもながらみごとで、当該学生のみならず、ほかの学生の心も揺さぶる。私も揺さぶられる。

Aゼミの学生は誠実にがんばるタイプで、それぞれ自分の持ち味を活かした表現で、味わいのある作品が並んだ。
一方で、迫力や勢いに欠ける傾向は否めない。
夏休みに描くことに没頭する時間を持つことで、化ける可能性を持っている。
期待している。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://hiro-nagae.net/2009/07/15/090715%e3%80%80%e6%83%b3%e5%a5%8f%e5%b1%95%e3%80%81%e5%85%ac%e9%96%8b%e8%ac%9b%e8%a9%95%e4%bc%9a/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
090715 想奏展、公開講評会 from 永江弘之 風景ギャラリー ここから見えるよ

Home > 展覧会-Exhibition > 090715 想奏展、公開講評会

このブログについて

永江弘之のブログです。

晴れの日、琵琶湖の空はどこまでも広く光きらめく。雨、比叡山の山ひだから雲が湧き龍のようにたなびく。初秋の棚田に風が吹き渡り稲穂がさわめく。年になんどか積もる雪で景色が一変する。そしてまた、命の息吹に満ちた季節が巡る。

ここ、蒼穹庵(sokyu-an/永江弘之アトリエ兼自宅です)から見た日常と非日常、幻視、幻想、妄想etc、折々の記憶をスケッチや写真をそえて掲載します。

Calendar
« 2009 年 7月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSS Feed

Return to page topPAGE TOP に戻る